大学受験に落ちたあなたへ【切り替える方法と学歴コンプレックス】

こんにちは。SSKです。

f:id:agepeople:20181204145149j:plain

 

この記事をひらいたあなたはきっと

大学受験に落ちた、、。

就職終わったわ、、。

ショックでなにもやる気が出ない、、。

 

そんなことを考えている方ではないでしょうか?

 

今回はそんなあなたに向けて

大学受験に落ちたあなたがどのように生きていくべきか?

について書きます。
切り替えの仕方や失敗した自分をどう受け入れるか
は今後の人生を楽しく過ごすためには非常に大事なことなのでぜひ読んで少しでも助けになればよいなと思います。

 

 

大学受験は戦いです。

受かって喜ぶ人がいる陰では、必ず落ちて悔しい思いをしている人がいます。

あなたは必死に合格をつかみ取ろうとした。しかし成し得なかった。

とても悔しくつらいことですが、仕方ないことでもあるのです。

 

僕もそうでした。

僕は大学生ですが、大学受験に対して人一倍やる気があって、一日10時間とか平気で勉強していましたね。

僕は早慶を目指していました。そのころは学歴がすべてだと思い勉強をとにかく必死に頑張っていました。

しかし落ちました。しかも補欠落ち。

 

これほど悔しいことはなかったです。

ですので、大学受験を失敗してしまったあなたの気持ちは少しはわかってあげられるはず。

 

 

 

切り替える方法①とにかく一回休もう

受験が終わり、本当に疲れていると思います。

睡眠時間を管理して自由な時間をなるべく勉強に割く。

そんなに根詰めて勉強すること、この先ないと思いますよ?

お疲れさまでした。

 

メンタル的にも身体的にも絶対にあなたはつかれています。休もう。

 

飽きるまで寝よう。

疲れをとったときに、いままでみえなかったものがみえてくるかもしれないです。

 

切り替える方法②お笑いをひたすら見る

僕はこのようにしていました。カラオケに行ったりするのもよいと思います。

とにかく笑ったり声を出したりストレス解消と謳われるものにはすべて手を出すつもりで。

 

僕はカラオケに行く元気がなかったので、ユーチューブでひたすらお笑いの動画を見ました。

東京03はすべて見尽くしましたね。

第17回東京03単独公演 「時間に解決させないで」 [DVD]

第17回東京03単独公演 「時間に解決させないで」 [DVD]

 

 

お笑いでもなんでもよいのですが、夢中になって忘れられる

ようなことがあれば心は落ち着くかと思います。

 

切り替える方法③大学のパンフレットをビリビリに破く

憂鬱にもなりますし、イライラもしますよね?

イライラする方も、親や家族にあたってはいけないです。

 

君を落とした大学のパンフレットをひとまずビリビリに破こう

 

僕も行った方法です。

いままであなたが憧れていた大学。しかし合格を手にすることのできなかった大学。

そのパンフレットを破くという行為で否定するのはとても気持ちが良いし、破くことで未練を無くすことができます。

 

大学受験から決別しよう。

 

■学歴コンプはあなたが必死に第一志望を目指した結果

あなたは大学受験に失敗し、学歴コンプレックスに陥っていませんか?

「あいつは俺が行きたかったあの大学に行ってるんだ。俺より優秀だなあ、、。」と。

 

大学受験を必死に勝ち抜こうとしたあなただからこそ、学歴コンプレックスに陥ってしまう。そう思います。

 

誰よりあなたがその学歴を欲していたのですからね。

 

学歴にこだわって、、、

その大学に受かれば人生をよりよくできる!

自分は第一志望合格によって成功することができる!

そう強く思っていたからあなたは頑張ってこれたし、ここまで悔しい思いもしているんです。

 

そのために1年も2年もかけて勉強したんです。

仕方ないことです。

 

しかしそれは間違っています

 

学歴コンプレックスは絶対に持つべきではありません。

 

■学歴コンプレックスはクソだから捨てろ

大学受験が終わってすぐこんなことを言うのもひどい話ですが、、。

行った大学なんて関係ないです。

 

本当にアクセサリー程度でしょう。

親に将来を約束されている慶應ボーイとかじゃなければ。

まあアクセサリーなら欲しかったけどw

 

なぜあなたが学歴にコンプレックスを抱いてしまうのか。

それは

あなたが人の価値を学歴で判断している

からです。

 

あなたは「学歴があれば人生成功」

そう思っていたかもしれません。

そう思ってしまった方は、人を学歴で判断する価値観で生きています。

まあ、大学受験はみんなが同じフィールドで偏差値という価値で競争するものですから学歴で人の優劣をつけるのに慣れているのは仕方ありません。

 

しかし大学に入ってしまえば話は変わってきます。

人の価値のものさしに偏差値なんて言葉は一切使われないと思っていただいて大丈夫。

いつまでも学歴で人の価値を判断して、自分より上の学歴にはへこへこして、下のやつにはマウントをとる。

こういうのってつまらないと思いませんか?

こんな人間にはマジでならないでください。

 

はやく大学受験のつまらない価値観を捨てて価値観を広げよう。

そうしたほうが絶対カッコ良い価値ある大学生になれる。

 

人生経験を詰んで差をつけよう

大学受験まではみんなが同じ教科書を使いそのフィールドで優か劣か。

みたいな構図でした。

 

しかしここからはみんな違うフィールドで戦うことになります。

 

  • ひたすら勉強して資格をとって手に職つける人
  • コミュニケーション力を生かして物を売りまくる営業マン
  • 僕みたいにブログをやってみたりしちゃう人

いろんな人が出てきます。今まで以上に個性が問われます。

 

ではどのようにして個性を出すか?

 

それは経験です。

 

ですから大学受験に今回は落ちてしまったあなたも、経験を詰んで個性を出して自分のフィールドで戦うとよいと思います。

いろんな経験を詰んでいくと、気づいたらまわりと圧倒的な差がついてるかもね。

 

その経験の一例として、僕のブログがあったりします。

大学はいったらこんなことしてるやつもしるんだなあ。

そう思うはずです。

ぜひこの機会に漁ってみてください。

 

今回は大学受験に落ちてしまったあなたにありったけのメッセージをお届けしました。

読んでいただきありがとうございました。