【19-20aw】A-COLD-WALLとは【オススメのブランドです】

こんにちは!

めっちゃ寒いのに春夏の服を買うファヲタことSSKです。

 

前回、こんな記事を書きました。

 

www.fashionistalog.com

 ロンドンコレクションで行われた最新のシーズンのコレクションの紹介です。

最初はジョンローレンスサリバンをご紹介いたしました。

 

今回は2015年にできた比較的新鋭のブランドですね。

イギリスのインポートブランド、アコールドウォールを紹介していきたいと思っております。

ストリートで独特な雰囲気のあるこのブランドは、日本にファンも多いんです。

 

日本に取り扱いはまだ多くありませんが、通販サイトのssenseだったりとか、ラフォーレ原宿のgr8とかで取り扱いがあるので見てる方も多いのかなと。

あとはナイキとのコラボも有名ですね。スニーカーもカッコよかったですね!

 

こんなロンドン再注目ブランド、アコールドウォールをあなたに知っていただきます。

 

 

 

 

 

A-COLD-WALLとは

概要

ロンドンを拠点に活動するファッションブランドです。

設立は2015年。

デザイナーはサミュエルロス。

言わずと知れた有名ブランド、オフホワイトやヴィトンでメンズのデザインを経験されていたヴァージル・アブローの元で二年間アシスタントを務めていたそうです。

実力はお墨付き。

 

イギリスのストリートカルチャー

A-COLD-WALLのデザインってどこか無機質な感じがすると思いませんか?

グレーが基調となっていて色味があまりなかったり、少し冷たい感じがしますよね。

 

その理由は、デザインの根底にあるイギリスのストリートカルチャーにあるんです。

 

みなさんはイギリスの歴史ってご存知ですか?

 

遡ること中世まで、、。

当時からイギリスは階級社会でした。

僕も詳しくないんですが、絶対王政とか、工場が作られ資本家とそれに仕える労働者がいたりだとか。

進んでいる国だからこそいろんな問題をはらんでいたんです。

 

日本でもありますよね。

商人や武士、農民などなど。。

そんなかんじです。

 

現在では表面的にはないものの、今でも人々の深層心理ではあり続ける階級制度。

イギリスの社会問題です。

 

そんな階級間ではやはり衝突が起きます。

その階級間における温度の無い冷たい壁こそが、a-cold-wallのブランド名の由来でしょう。

 

労働者階級の精神を服で表現したのがこのアコールドウォールというブランドです。

ですので

無機質な色使い

アシンメトリーでアンバランスさを感じさせるような服

工場労働者を意識したワークテイストのアイテム

あったり

また反骨精神からpvcなどの普通は服に使わないような素材を選択し価値観の幅を広げているのではないでしょうか?

 

それをハイエンドな視点でサブカルチャーなども織り交ぜつつ解釈してデザインしています。

アナーキーな感じカッコ良いですよね。

 

PVCが有名

クリア素材のポリ塩化ビニルを使った服が特徴的ですね。

トレンドですし、来季も流行ると思います。

 

このように「これ服に使うん!?」て素材をあえて使用して独特な雰囲気を醸し出すのがらしさですね。

触ってみるとほかの服にはない質感がある服が多くて新鮮です。

 

アシンメトリーが多い

www.instagram.com

このようなアシンメトリーな服が多いのも特徴です。

また、左右非対称なだけでなく、着丈などの長さが極端に短かったり長かったり、シルエットに変形を加えている服が非常に多いです。

この違和感が最高なんすよ。。

 

ナイキコラボが有名

www.instagram.com

ナイキのコラボも行っているブランドです。

スニーカーはもちろん、スニーカー以外にもウェアも取りそろえられています。

 

18awのコラボは、人が使用した際に起こる変化に着目し、熱によって柔らかくなる素材を用いてつくったりするなどアプローチが独特で面白かったです。

 

19-20awのコレクションはどうだったん?

www.instagram.com

アコールドウォールっぽさは健在でした。

やはりめっちゃカッコ良いっすね。。

 

近未来的で、少し退廃的な感じがしてすごくよかったです、、。

 

去年のAWはほぼ全ルックブーツインしていましたが、今年はローテク系のスニーカーを使用していますね。

あとやはりカバンだったり大判のストールなども非常に目立ちますね。

 

ベースにはシンプル目なストリートスタイルを採用してはいるものの、そこに特徴的なグレーの色味や、グラフィックをのせて近未来的な、ちょっと宇宙服っぽいイメージを連想させるようなそんなコレクションだと思いました。

 

19ssも欲しい人いっぱいいると思います。

取り扱いがあるセレクトショップでも人気は急激に高まっているという記事もどこかで目にしましたし(どれか忘れましたが)今後も要注目のブランドです!!

 

みなさんもぜひ買ってみてください。