「告白は3回目のデートで」の意味。成功させるまでにすべきこととは?

 

この記事は、告白に悩むすべてのメンズに捧げています


f:id:agepeople:20190110224059j:image

 

こんにちは、SSKです。

 

こんなことを思いツイートしました。

これはほぼ今回の記事の結論です。

 

片想いをしているときの告白の話です。

 

3回目のデートでしか告白しないよ。

失敗するのわかってるけど思いを伝えたいんです!!

こんな方いますよね。

あなたもそうなのではないでしょうか?

 

それもそのはず、よく雑誌やメディアなどで言われますよね。
「告白は3回目のデートの時」と。

 

僕はこのセオリーにとらわれていてはモテないと考えています。

 

 

 

これを鵜呑みにして失敗している人も多いんです。

 

実際に、僕もこの情報に完全に騙されました。

 

僕は大学生の時3回目のデートで告白してフラれました。

それも2回。

3回目のデートで告白すれば成功すると書いてあってそれをその通りに行いましたが実らなかったんです。

なんなんでしょうか?w

 

そのあとできた彼女は、初対面の一回目のデートで一緒にお泊りをして、二回目のデートで告白し付き合いました。

これは極端な例かもしれませんがw

 

いろいろな経験()をしたのち、気づいたことがあるので今回はそれをまとめていきます。

 

3回目のデートで告白する

という言葉にはちゃんと意味があって、納得できる部分もあります。

しかし単に鵜呑みにしていてはモテないなと感じました。

 

 

 

3回目で告白すべき理由

まずはなんで3回目で告白すべきというセオリーがあるのかを考えていきます。

3回も来てくれるから好意はそれなりにある

多くのネット記事で言われていることは、3回もデートに応じてくれているんだから嫌われているなんてことはないよね。

ってことです。

 

納得がいきますね。

そもそも二人で遊んでくれること自体嫌いではないことがわかりますし、それが3回も続くとなるとどうでもよい存在ではないことは間違いないでしょう。

 

もし1,2回目でNGな行動をとっていたら、3回目はないはずです。

 

仲良いことは間違いないのですが、「友達として」がどうてもちらついてしまいますが、、。

 

1,2回目で告白するべきでない理由

1,2回目のデートで女性は

  • 相手がどんな人か。
  • 相手が恋愛対象としてOKかどうか。

これらを審査しているという見解ですね。

 

まあ一回目とかは特に

誘われて楽しそうだからとりあえず行ってみるか

的なノリで誘いに応じると思います。

 

4回目以降ではダメな理由

4回目以降では、友達になってしまうから駄目だという考え方で3回目を

 

ちょうどいい回数

 

として設定していますね。

 

確かに、ずっとそのままなにもしないでデートばかりを繰り返していると

「こいつ本当にわたしを好きで誘ってるのか?」

ってなって冷めちゃいます。

 

また3回目で告白って定番ですし有名なので、「セオリー通りなら今回告白してくれるかな?」

と期待感を煽ることはできますね。 

 

3回目告白セオリーを鵜呑みにするとモテない理由

基準をデートの回数にしている

3回目で告白すると成功するよというセオリーは


女性の好意をデートの回数に換算して考えている


ことがわかります。

ですから、デートの回数以外で女性の好意を測れないと、失敗します。

 

他の要素でも相手からの好意ははかることができます。

そのものさしとしては

  • ボディタッチ
  • 会話の食いつき
  • lineが送られてくる頻度

などがあります。

 

デートの回数もわかりやすい物差しになるんですがほかの視点も持っておくとうまくいきやすいです。

 

1,2回目では告白しないと決めちゃってる

「3回目に告白するんだから1,2回目はなんもしなくても大丈夫」

的な発想になりやすいのが3回目に告白するっていう考え方です。

 

 もし2回目のデートで告白するチャンスを感じてしまったらどうするんですか?

3回目がセオリーだから見送りますか?

 

女性がせっかくサインを送っているのに、それをみすみす見逃すのは非常にもったいないです。

また、「せっかくサインを送ったのに見逃された、、。」

となると萎えてしまう女性もいるので柔軟に行動するためにも3回目と決めすぎないほうが良いと思います。

 

結論:メンズが告白までにすべきこと

回数にとらわれず食いつきをあげろ

これですね。

デートの回数が目安のひとつになるのは間違いないですが、それだけでは少し足りないです。

 

デートの回数にとらわれることなく、女性の食いつきをあげることに専念すべきです。

 

言ってしまえば、「なるべくはやく告白できる状況までもっていくこと」

を意識して行動できるとかなり良いと思います。

 

そのために、一回目はなにもしないと決めてしまうのではなく、「恋愛対象としてあなたをみていますよ」

とほのめかすようにすると恋愛的なアプローチがすごくしやすいです。

そのあとに手をつないだりする違和感がなくなり自然な雰囲気でアプローチすることができるようになるからですね。

 

具体的には、「可愛いね」や「髪キレイ」と女性らしさのあるの部分を褒めてあげたり、さらに踏み込んだ行動をするなら、手をつないだり、キスをしたりすることですね。

 

これにより友達どまりという選択肢がなくなります。

もし一回目のデートで手をつないだのち、二回目のデートに誘って応じてくれたらこれはもうイケるわ。

と思いませんか?

 

恋愛感情を連想させる行動をとればデートの回数で好意をはかることの説得力も爆上がりします。

 

告白は「好意の確認」

告白は、ほぼOKとわかってからするのがベストです。

もちろん、どうしてもかなわない恋で、吹っ切れるため告白をするというのであれば仕方ないとも思えますが、、。

 

本当に最善をつくせたのか?

もう一度問い直してほしいです。

 

告白は相手にも負担を強います。

付き合うか付き合わないかという重要な決断を相手にしてもらう行為ですからね。

 

そんな告白は

自己満足で弾丸で行うのではなく、ある程度告白することを相手に期待してもらった状況で行えるのが優しさだ

ということもできると思います。

 

そのために先ほど述べたような

  • 手をつなぐ
  • ほめる

などを通して、お互いの好意を小出しにしてから告白すれば、友達だと思ってたとか言われなくなりますし、失敗する確率が減ります。

 

告白する前に失敗しそうだとおもったときは、3回目のデートだからと告白せずに、もう一度会話を盛り上げてみて、相手を褒めたり手をつないでみたり、下ネタをはさんでもいかもしれませんね。

異性として狙っていることをアピールしてみてください。

 

最初は軽めのものから始め、嫌がられなかったらすこし難易度が高そうな行動に出てみるとよいと思います。

 

例に挙げたものだと

褒め

手をつなぐ

キス

 

の順番だと思います。

このような過程でお互いの好意を膨らませてから告白をするのが良いと僕は思っています。

そのための手段として3回目のデートという回数も頭の隅に入れておいても損はないと思います。

 

今回は以上になります。

読んで頂きありがとうございました。

 

モテる恋愛本のオススメ5選!非モテの人生を変えた本達。 - SSK Blog

人気の記事ですのでこちらもぜひ合わせて読んでみてください。