可愛い子と付き合いたい男がやるべき成功方法【3つあります】

f:id:agepeople:20190504133925j:plain

こんにちは。Sosukeです。

 

世の中の男「ああ、、。可愛い子と付き合いたいいい!」

大体こんな感じ。

 

男であれば、基本可愛い子or美人と付き合いたいですよね。

 

当然のごとく僕もそうです。

 

というわけで、今回書いていくのは、可愛い子と付き合いたい男が考えるべきこと

についてです。

 

大事なのは、

タイミング、スピード、確率(魅力)

だと思います。

 

ひとつずつ解説します。

 

 

 

【タイミング】別れた直後や、彼氏とうまくいっていない時を狙う

f:id:agepeople:20190505121710j:plain

可愛い子と付き合うためにはタイミングが大事です。

チャンスは、ぶっちゃけ少ないです。

 

可愛い子の前提となる環境と、具体的なタイミングをここではお話していきます。

 

本当に可愛い子は、まじで常に誘いを受けている

本当に可愛い子は、マジで常に誰かしらから誘われています。

 

実際に話を聞いてみたり、ラインの画面を見せてもらったりしない限りは、男からは想像もできない感じだと思います。

 

まあこういう「いかに私がモテるか」的な話題は、なかなか女性同士でも話さないのでは?

ある程度共有はされているとは思いますが、、。

 

 

具体例のひとつとして、僕にはサロンモデルをやっている友達がいるのですが、まじで常に男からのラインが来ています。

 

本人曰く「返すのめんどくさいし、良いと思った人だけ返信を返してる。常に男は選べる状態だし、自分からはラインを送ったりはしない。」

だそう。

 

羨ましいっすね。

そして、これが現実です。

 

常に一番ふさわしい男を天秤にかけている状況なので、そこにいかに潜り込めるかが大事だと思います。

 

具体的なタイミングは3つ

具体的なタイミングとしては、3つあります。

 

  • 彼氏と別れた直後
  • けんかしているとき
  • 遊び相手を探しているとき

 

この3つだと思います。

 

これらが、ギリ可能性の高い大チャンスであるということです。

 

マッチングアプリの恋愛においてもこれはすごくわかりやすくでていて、

 

可愛い子が出会いを求めてマッチングアプリを始める時期なんかも、大体こういったタイミングが多い(経験上)です。

 

そしてこういった子たちは常にマッチングアプリユーザーであることはほぼなくて、メッセージの多さにめんどくさくなってやめたり、良い男を見つけ辞めていくことが多いです。

 

つまり、チャンスはごく短い一時のタイミングで、そこを逃してはいけないということです。

 

スピード感がめっちゃ大事です。【即和む】

f:id:agepeople:20190510013739j:plain

少ないタイミングのなかで実らせようと考えた時に、スピードは命です。

 

先ほども書いた通り、競争相手がめっちゃ多いので、そのなかで自分が競争相手よりも優位に立たなくてはいけません。

 

ということは、可愛い子に対しては即和んで即仕上げることは必須となっています。

 

 

【注意】可愛い子になると急にビビっちゃうのはNGです

しかし、スピード感が大事であるのは間違いない、そして男性の多くはそれを知っていながら、行動に移せなかったり、うまくアプローチできなかったりします。

 

なぜかというと、可愛さに圧倒されてビビっちゃうからです。

これは男のあるあるですかね。

 

可愛い子やマウントを取られた子と対峙すると急に萎縮してアプローチができなくなってしまうメンズは多いのではないでしょうか?

 

 なぜか「まずは友達から仲良くなろう!!」

と急に慎重になっちゃったりするのは非モテがやりがちなことです。

 

こういった戦略をとると、そもそも女性全般からのウケがわるいですし、可愛い子となるとより一層、恋愛がムリゲー化します。

 

完全にライバルに後れを取ってしまい、気付いたら彼氏できちゃってた的な状況はまさに可愛い子のあるあるなんじゃないかと思っています。

 

www.fashionistalog.com

 

 

ラインは早めに返して、早めに電話して、早めにデートして早めに仕上げることが大事

スピード感のあるアプローチはどのようにしたらよいかということですが、見出しの通り。

 

ラインは無駄話はあんまりいらないです。

めんどくさがられて着られる前に、相手に対し女性として興味があるアピール→電話の約束をするのが王道かなと思っています。

 

電話をしたタイミングでデートに誘って、デート中も同じようにスピード感をもってアプローチしていくのが王道だと思ってます。

 

www.fashionistalog.com

 

確率(=魅力)を上げる

f:id:agepeople:20190528001239j:plain

んで、最後はやはり魅力的な人になることだと思います。

 

タイミングをモノにしたりすることや、スピード感をもって相手に食いついてもらえるようにするためには、結局魅力が高いのが一番強いと思います。

 

外見の魅力、内面の魅力にわけて以下で解説。

 

外見を整えるのが、即効性は高い

魅力をどうやって上げていくかというお話で、やはり外見を整えることは必須ですし、わりとコスパ高めだと思います。

 

外見がよくない→足切り

外見が良い→足切りされない&あわよくば食いつきが上がる

からです。

 

そして、目指すべきは、雰囲気イケメンです。

つまりなにかっていうと、「遠くから見たらマジカッコ良い雰囲気あるよね」です。

 

顔は整ってなくて大丈夫で、ルックスに関しては隣を歩いて恥ずかしくない、イケてそうな感じが出ていればOK

 

具体的にやるべきこととしては

髪型、ファッション、香り

です。

 

髪型

髪型は、カット4000円くらいはとるようなオシャレな人が通うところに行くべきです

なぜ値段で見るかというと、美容院は10分1000円が相場です。

 

1000円カットなら10分で終わり。4000円取るところなら40分くらいはかけてもらえて、クオリティの高い施術をしてもらえるひとつの基準だと思っています。

まあ、わりといろんな美容院を渡り歩いた僕的な感想です。

 

髪型は似合うものを美容師さんと相談して決めればなんでも大丈夫だと思いますが、顔に自信がない方は前髪をつくってあげると良いなあとはお思います。

 

ファッション

ファッションに関しては、初心者向けにお話ししますが

女子ウケに特化して言えば

  • とにかく汚れていないこと
  • 靴にはお金をかけること
  • サイズ感や色合わせは店員さんの太鼓判があったものを着る

です。

 

とりあえず、汚い服、サイズが合ってない服、靴が安そうなのは雰囲気イケメンとは真逆な存在なので、注意すべき。

 

 

僕は服が好きですが、モテるためと考えたら

ぶっちゃけ服のデザインを流行りモノにしろとか、ブランド物の服を買うべきとは思わないです。

 

むしろサイズが適正できれいなユニクロの服で全然OKだと思います。

 

んで、もし相手がオシャレ好きそうな感じで自信を無くすような感じであれば、相手に自分の服を選んでもらうようなデートをしたらよいと思います。

 

基本的に好意を持たれている状態であれば、オシャレ女子は自分好みにしたいはずなので、喜んでOKしてくれると思いますし、デートにも誘いやすいですよね。

 

香り

 くさい男はモテないです。

ということで、香りのケアは好感度上昇に一役買います。

 

ルックスというと視覚のことばかり考えがちですが、嗅覚にも訴えましょう。

 

 人気が高いのは、このあたりですね。

メンズはブランド物の香水のにおいって判別できないと思いますが、女子は香りだけでどのブランドつかっているか当ててきますよ。

 

ここでオシャレ感をアピっちゃいましょう。

クリスチャン ディオール(Christian Dior) ソバージュ EDT スプレー 60ml[並行輸入品]

クリスチャン ディオール(Christian Dior) ソバージュ EDT スプレー 60ml[並行輸入品]

 

  

サムライ オードトワレ 100mL

サムライ オードトワレ 100mL

 

 

シーケーワン EDTSP 100ML

シーケーワン EDTSP 100ML

 

 

内面的な魅力は、メソッドを使う

内面の魅力は、恋愛工学メソッドを参考にするのがベストです。

ちなみに、僕のブログではわりとそれに基づいた恋愛の進め方をかいています。

 

内面の魅力と聞いて、優しい男が好き

とかよく言われると思いますが、やさしすぎるとだめだったりしてぶっちゃけなにをもってやさしいとしているかよくわかんないですよね。

 

内面的な魅力を伝える方法は、女性の行動特性&心理学を理解したうえで会話や行動でアピールできます。

 

そういった面で、恋愛工学は非常に的を射ている&恋愛工学は可愛い子ほど有効なので、学んでみると一気に食いつきがあがるようになります

www.fashionistalog.com

 こちらの記事は非モテ向けに書きました。

 

以上を意識していけば、大半の男が相手にされないような可愛い子に対してもモテるのではないかと思います。

僕もこれを意識して頑張りたいと思います。