いつもデートで奢る男はモテない?その理由【奢りとモテ問題】

f:id:agepeople:20190603153343j:plain

こんにちは。Sosukeです。

 

付き合う前のデートで、あなたは女性に奢りますか?

 

「当然奢ったほうがモテるだろ。」

そう思ったあなた。

 

今回はそんなあなたに向けた記事となっております。

 

 

 

 

【結論】奢ったからモテるわけではない【見返りを求めるのは違う】

f:id:agepeople:20190603153421j:plain

まず結論として、奢ったらモテるわけではありません。

 

奢るなら奢るで、女の子には負担させたくないとかポリシーをもって奢ってあげてください。

 

そもそも「奢ったらモテるだろ」と見返りを求める人は、金銭的な余裕を見せたかったり、器の大きさをアピールしたくて奢ると思うのですが、見返り求めちゃう時点で器が小さいです、、。

 

以下で掘り下げます。

 

奢るのは素晴らしいことだけど、モテとは関係ないよね

最初に言っておきますが、奢るという行為自体は素晴らしいことです。

 

身銭を切って女性にギブしているという点で、奢ることはやさしさだと思います。

 

ただそれはあなたがお金を払ってあげているというだけで、モテるかどうかに関係する問題ではありません。

 

奢りに見返りを求めるのは、明らかに違う【魅力は金で買えない】

  • 奢りに見返りを求める
  • モテを金で買おうとする行為

これらは非モテの原因になります。

 

ですので、「奢ればワンチャンあるかも、、!!」

という理屈は全く通用しません。

 

なぜなら、あなたを男としてアリかナシかを判断するのは、奢るかどうかではなく、魅力だから。

 

 

さすがに会社を経営してて年収が何千万かあって、大学生の女の子に割り勘を乞うてたらそれはそれで魅力がないのでそういう方は奢るべきなんですけどね。

 

そうでない場合、もしかしたら奢れば奢るほど魅力が半減してしまうメンズもいます。

 

恥ずかしながら過去の僕は割とそのタイプでして、張り切って好きな女性に奢りまくっていたのですが、完全に裏目に出ていたと思います。

 

 

なんでそうなっちゃうかというと、

 

「会計高いわ~お金きついな~」と思ってレジでビビりつつ財布を開いてしぶしぶ奢っていたからです。

 

「ここで奢ったら、もしかしたらワンチャンあるぞ」

と媚びを売ることを目的に謎理論で奢っていたからです。

 

 

 

奢れば奢るほどモテないパターンがある【理由は3つ】

f:id:agepeople:20190519005809j:plain

先ほど振れた過去の僕のように、奢れば奢るほどモテなくなる人種は一定数いると思っています。

 

理由を解説していきます。

 理由は3つあります。

 

【理由】媚びてる感がモテない

奢れば奢るほどもてない人種がなぜ奢るとモテないのかという理由です。

 

それは、「奢るから俺のこと好きになって」

という媚びてる感がバレバレだから。

 

 

仮にデートに誘えているのであれば、元々あなたに興味があって来てくれてるわけなので、「来てくれたお礼に奢る」とかはぶっちゃけなくたっていいわけです。

 

相手だって「一緒にご飯行ってくれてありがとう」なわけですし

お金払わなきゃついてきてもらえないメンズに、そもそも魅力なんてないわけですので。

 

別に奢らなくても来てくれるし楽しんでくれる

 

この意識が大事です。

 

 

【理由】女の子より優位に立たなきゃいけないから

2つ目の理由が、モテるためには女の子より優位に立たなきゃいけないからです。

 

奢ることによって器の大きさがアピールできて優位に立てるならいいんです。

 

そうではない見返りを求めた苦し紛れ奢りをしてしまうと、自分の価値が失墜します。

自分を安売りし過ぎて、女の子が優位に立ってしまう状況です。

 

こうなってしまっては、以降のデートであなたがリードしていくのが難しくなります。

 

関係性はあくまで対等である

と女の子にわからせる必要はあって、そのために奢り方は考えなくてはいけないのです。

 

【理由】非モテコミットにつながる

奢ると非モテコミットにつながりやすいからです。

 

非モテコミットをご存知でしょうか?

 

「恋愛工学」という恋愛ノウハウのなかの用語なのですが、ザックリ説明すると以下の感じ。

 

女性を好き過ぎて過度にコミットしてしまい、女性が引いてしまう非モテ特有の行動。

 

 下の記事でも恋愛工学については深く解説しています。

www.fashionistalog.com

 

そう。

奢ることは非モテコミットに繋がりやすいのであります。

 

その理由は、「お金を負担したからその分を回収しにいくから。」

だと思っています。

 

もちろん人間なのでお金を払った分は元を取りたいですし、

一番に「なんで奢ったのに俺のことを好きになってくれないんだ」

的なマインドになるからです。

 

奢ったら好感度は高まるはず。

というメンズの勘違いがそこにはあります。

 

これは、大きな間違い。

 

実際のとこ、魅力ないメンズに対し搾取モードに入るのが女性

リアルな話をします。

 

女の子「この男には魅力がない」

こうなったら、即刻搾取モードに切り替わります。

 

財布出すフリすらしなくなるし

デートの誘いを受ける理由が「奢ってくれるから」になるし

最後は飽きたらラインブロックって感じ。

 

 

だからこそ、女の子には対等に接し、追いかけさせる気概が必要です。

 

そのためには、「デートで奢らなきゃいけない」なんて固定概念は捨てるべき。

んで、しぶしぶ奢るならそれを早くやめたほうが良いです。

 

 

【番外編】実体験から、奢るとモテない事例を解説

f:id:agepeople:20190603101129j:plain

メイントピックは以上です。

 

最後に、番外編として僕の実体験から奢れば奢るほどモテないパターンを解説します。

 

 

~事例~

僕の話です。

僕は、奢れば女性からの好感度が上がる

と当たり前のように思っていました。

 

たぶんネットの恋愛記事のせいです。

(まじであのゴミみたいなサイトは許しません。)

 

 

以下の記事で過去の僕が付き合う前に壮大なプレゼントをあげて引かれたエピソードを紹介しています。

www.fashionistalog.com

 

なにがあったかというと、片想いをしている人の誕生日を祝うことになったのですが。

 

僕は空回りしてシャネルのリップとオシャレカフェのディナーを奢ってドン引きされたというお話です。

詳しくは記事読んでください。

 

 

これ、個人的には黒歴史で、すごい書くの迷ったんですけど

まあせっかくならネタにしておきたいと思い書きました笑

 

なにが失敗要因なのか、思ったところを書いていきます。

いつも奢ってモテない方は参考にしてみてください。

 

金額が大きいほど好感度上がると思ってた

この価値観、やばいです。

 

僕は本気で、大きな金額を奢れば奢るほど好意を伝えることができ、それが僕のもとへ帰ってくる

みたいな考え方をしていました。

 

要するに、「コミット量の多さがアプローチの強さ」だと思っていたわけです。

 

これは典型的な非モテコミットですね。

都合の良さしかアピールできず、僕の魅力はアピールできていません。

 

それこそ、100万円分あげたらそれはそれですごすぎてモテるかもしれないですが、振り絞った結果のディナーとか、しょぼすぎて逆に魅力が下がります。

 

好きでもない相手からのコミットは苦痛【一発逆転はない】

あとは、たいして好きでもない相手からガシガシ身銭を切って奢られると、苦痛ですよね。

 

相手の気持ちを考えてあげればわかるはずだったんですけど、当時の僕にはわかりませんでした。

 

とにかく、綺麗に自分の気持ちを伝えることばかり考えていました。

 

これは自己満でしかなくて、大切なことは、相手のテンションに合わせて行動することです。

 

教訓として、恋愛に一発逆転はない

ということを学びました。

 

一発逆転で付き合いたいから奢ろうという考え、もし持ってたら間違いなく非モテの危険思想なのでいますぐ捨ててください。

 

これは、僕の二の舞になってほしくないからです。

 

 

いかがでしたか?

 

今回はこんな感じで。

読んでいただきありがとうございました。