【新卒】スカウトサイトのオススメ3選【意識低い系ゆるふわ就活】

f:id:agepeople:20190602152921j:plain

こんにちは。Sosukeです。

 

当ブログでは4月で就活を終えた僕が意識低い系のゆるふわ就活を発信しています。

 

今回の記事は、逆求人サイトのオススメ3つを書いていきます。

僕が就活時登録していたもので、目的別になっております。

 

まあめんどくさくなければ紹介したやつ全部登録してみてもいいかもしれません。

が、一応特徴から見て合いそうな人を僕なりに考えてみたので読んでみてください。

 

どのサイトも、完全無料です。

この記事を読めば就活で心を病むとかはないでしょうし、ゆるふわに就活できます。

 

 

スカウトサイトとは?【メリットを解説します】

f:id:agepeople:20190524180924j:plain

逆求人サイトともいうのですが、通常就活生が企業にエントリーするリクナビのようなサイトとは異なり、企業が学生に歩み寄っていくタイプの就活サイトです。

 

【メリット】あなたが忙しく動く必要がない

スカウトサイトを使うメリットは、学生側が忙しく動く必要がない

ということです。

 

スカウトサイトは文字通り企業からスカウトをされて進めるタイプの就活になりますので、

 

これは、きつい就活をゆるふわに勧めるためには最低条件です。

 

あなたに興味を持った企業からスカウトが来るため、選考通過率が高い

スカウトサイトの場合、あなたが企業を選びに行っているわけではありません。

選ばれているのはあなたです。

 

よって、企業から元々興味を持たれて就活をはじめるわけですので、その分有利になると思います。

 

思わぬ良い企業に出会えるかも

これもスカウトサイトの大きな特徴です。

 

社会に出たことのない就活生が知っている企業の数なんてたかが知れていると思います。

知っているのは大手と言われる有名企業ばかり、、。

 

もちろんそういった企業は人が集まるので倍率が高くなり、就職難易度が上がりがち。

実際の企業のよしあしには関係ないのにです。

 

もちろん、大企業にはネームバリューがあり、マウント取りたい方はそういったところに進むべき。

 

ですが、「そういった見栄はないよ。」「ゆるふわに就活させろ。」

そんなあなたにとって隠れ優良企業を見つけることは必須です。

 

デメリットは、興味が持たれないとスカウトがあまり来ない

スカウトサイトのデメリットは、あなたに興味をもってもらえないと、あまりスカウトがこないかもです。

 

企業が欲しい人材を探しにいく感じなので、スカウトは惹かれるプロフィールを書いている学生に集まると思います。

 

ナビサイトとの併用が効率よい

僕は、ゆるふわに就活をするために、リクナビなどとのナビサイトと併用して就活を行うことを強くオススメします。

 

理由は、おいしいとこどりするためです。

  • スカウトサイトのメリットは自分が動かなくていい分就活の負担が軽減できる。
  • ナビサイトのメリットは自分でガツガツ動くことができる

この二つのメリットを同時に享受すべきだから。 

 

 

スカウトサイトでは

あなたは登録してプロフィールを書いて待つだけ。

 

待ちつつ、同時にリクナビもみておいて興味があったらエントリー

という感じにすれば双方のメリットを享受できるかと思います。

 

スカウトサイトのデメリットであるスカウトされないかもという心配は、リクナビとかで補ってください。

 

ここからは、実際にスカウトサイトを紹介していきます。

 

全然就活してなくて就活のことまじわかんない→キミスカ

就活のことがそもそもよくわかんねえよというあなたは、キミスカに登録するべきです。

キミスカ はこちら。

 

就活をまるっと理解しつつ進めやすい

キミスカを使えば、就活がまだよくわかっていないあなたでも使いやすいようになっています。

 

というと、スカウトを受けて選考を進めることができるサービスであることはもちろんですが

  • 精度の高い適性検査
  • 就活コンサルタントに相談できるサービス
があります。
 
自己分析の段階からキミスカは有用性が高いし、困ったときはコンサルタントに頼れるのは非常に安心感がありますね。
 

他社の選考結果もアピールできる

キミスカの大きな特徴です。

他社の選考結果もアピールできます。

 

A社は落ちてしまいましたが、最終まで進んだので、そのぶんのポテンシャルはあります。

という感じ。

 

これは、就活の効率化に繋がりますね。

 

本気度別のスカウトがくる

キミスカでは、スカウトの本気度によってさまざまな種類のスカウトが来ます。

3つ種類がありまして

 

  1. プラチナスカウト
  2. 本気スカウト
  3. 気になると
三段階のレベルがあります。
プラチナスカウトは内定可能性がかなり高いそう。
 

 

とりあえずスカウトサイトに登録したい。→Offerbox

「スカウトサイトに登録しようと思うんだけど、選ぶのがめんどくさい、、。」

こういうあなたは、Offerboxにとりあえず登録してください。

OfferBox はこちら。

 

これは適当に言ってるわけではなくて、Offerboxが一番規模が大きくバランスがとれたサービスだからです。

 

学生の数と企業の数が多い

オファーボックスは、登録している就活生の数が多いです。

 

2019年ですと10万5000人、就活生の4人に1人が登録しているというデータがあります。

 

また、企業数も多いです。

現在、4800社以上からスカウトを受けることができます。

 

大手もメガベンチャーも多数登録しており、スカウトを受けることができる可能性が高いスカウトサイトです。

 

スカウト数に制限があり、質の高いスカウトが来る

スカウトサイトですと、自動送信で適当に送ってくる企業も多いようです。

 

しかしオファーボックスであれば、企業はスカウト数に制限があるため、適当に送ってくることはないです。

 

期待値が高いスカウトのみを受け取ることができることが特徴です。

 

お肉を食べつつゆるくやりたい→ニクリーチ

お肉を食べつつゆるく就活をやりたいあなたは、ニクリーチが良いと思います。

ニクリーチはこちら。

 

ベンチャーが多い

ニクリーチは、ベンチャー多めです。

 

スカウトの数もそこまで多く来るサービスではなかったのですが、普段知ることのできない企業の人から気軽にお話を聞けるような感じです。

 

 

お肉を食べることができる

最大の特徴はこれですよね。

 

たまにランチスカウトといって、お肉をごちそうしてもらえるスカウトが来ます。

お肉がタダで食べれる可能性がある時点で、登録しておいて損はないですね。

 

就活を極限までゆるくできるサービスです。